東急百貨店

東急百貨店について

株式会社東急百貨店は、東急電鉄の完全子会社で、渋谷の道玄坂に本店がある百貨店です。百貨店への出店を躊躇していた老舗食品店の導入を、「東横のれん街」という形で東横店に実現し、現在の「デパ地下」の基礎を築いたことでも知られています。

 

2012年4月にオープンした渋谷ヒカリエには、地下3階から地上5階に「ShinQs(シンクス)」を出店しました。フード、ファッション、ビューティーからなるテナント数は約200店舗もあり、20代後半から40代の働く大人の女性をメインターゲットにしています。

 

1934年に創業した東横店は渋谷駅街区土地区画整理事業に伴い、2013年4月にリニューアルオープン予定です。西館・南館は統合され、東館は2013年3月末に閉店予定です。

 

東館の東横のれん街は、隣接する渋谷マークシティの地下1階に移設され、約80店舗の出店が予定されています。

 

誤解されがちですが東急ハンズは東急不動産系列で、東急百貨店とは資本的に無関係です。ちなみに、東急ハンズ町田店は東急百貨店が運営する専門店ビルの「町田東急ツインズEAST」に入っています。