高島屋

高島屋について

全国に20店舗を展開する百貨店です。大阪店が登記上の本店ですが、高島屋では「本支店」の呼称はしていません。日本におけるショーウィンドウを早くから導入した百貨店でもあります。街の雰囲気によって、各店舗の趣や品揃えを変えていて、地域に合ったサービスを展開しているのが特徴です。

 

同じ高島屋でも、クラシックなイメージの日本橋店、子供連れ3世代でゆっくり買い物が出来る二子玉川店、ファッショナブルで若い人に人気のある新宿店というように、店舗によって違った個性が打ち出されています。

 

日本橋店は2009年に百貨店建築物で唯一重要文化財にも指定されています。建て替えの計画もありましたが、重要文化財に指定されたこともあり、高島屋はこの建物を維持していくそうです。

 

高島屋といえばバラの花を思い起こしますね。バラの花が高島屋のシンボルフラワーになったのは、1952年です。包装紙等に使われているバラの品種は1980年からモダンローズが使用されていましたが、2007年からイングリッシュローズに切り替えられました。

 

高島屋は、季節行事に関するショッピングにおいても、多くの人にご利用頂いています。お正月に関することや、父の日、母の日、敬老の日。それに贈り物となる、お中元やお歳暮など。また、自分自分の楽しみとして高島屋の福袋も人気です。毎年10月中旬から開始し、12月の架橋を迎えます。百貨店の中でも1番の人気を誇っているだろうと思われるのが、高島屋の福袋です。